FC2ブログ

カムパネルラ

球体関節人形

スポンサーサイト

Posted by 千代田 梓 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の森の満開の下 ※返信有

Posted by 千代田 梓 on   1 comments   0 trackback

小野不由美の小説「東亰異聞」は人形を作るきっかけの1つでもあり
夢のように美しい満開の桜の下での終幕は、今も自分の思い描けるいっとう美しい情景の1つです。

さくら2

今作ってる双子の妹は「満開の桜の下が似合う子」と決めてたので
目の色も桜を意識して選んだんですが
着物は何軒も着物屋を回ってもなかなか丁度いい桃色のお着物が見つからず

薄ピンクだと軽いし濃いと柔らかい花のイメージから外れるし…
そんなこんなでやっと!目の色と似たくすんだ桃色のお着物に出会えました*´▽`*

桜のお着物

実際はもう少し薄めのお色で。
ひとまず柄が見えるように置いただけなのでどう柄を出すかはまだですが、お気に入りです♪

あと折角なので「東亰異聞」をほんの少しご紹介~・ω・

闇の中、それは見事な文楽の娘人形に、黒子がこんな話を語って聞かせる。
明治二十九年、帝都東亰。いったい夜が人のものであった時代は終わったのだろうか。
人の所業とも化け物のともつかぬ奇怪な事件が夜を彩っていた。
歌舞伎の赤姫姿で人を惨殺する闇御前に、焼けた手で人を突き落とす火達磨、人魂売りに首遣い。
新聞記者の平河はそれらを追ううちに、鷹司公爵家の人間の心の闇に踏み込んでいくことになる。

ミステリとしては粗があるのと、冒頭ものすごく人を惹きつけるのに途中だれるのは勿体無いながら
ふとすると思わず息を呑むほど美しい文章が立ち現れ、夢のように情景を綴る。
言葉の選び方から並べ方まで繊細で、まるで宝石の原石のような作品だと。

作中で黒子と文楽の娘人形が会話する場面が所々あるのですが、これがすごく好きです。
最初のうちは物語の傍観者だった2人の会話が、段々物語自体に関わっていき…桜の下での終幕へ

ところで月末こんな時間まで起きてる=死亡フラグですね^o^寝ます!!手遅れだけど!!

(桜の写真はここからフリー素材お借りしました)

スポンサーサイト

Comment

千代田 says... "拍手返信"
姉妹ばらばらに…!;▽;
でもお作りになるどの子も可愛らしので、親としてはさみしくても
お姉さんたちは絶対それぞれ大事に可愛がられてると思います*^^*
エミリーちゃんも我が家のお姫様です!

ありがとうございます~でも私が着ると着物の可愛さに負けそうです;
そしてちょっと調子乗って羽織ってみた結果つんるてんでした\(^o^)/

お姉さんは緑か、こっちhttp://p.tl/EeSmにしようかと…。中々悩みます;
人形ってその子自体をつくるのも勿論ですが
コーディネート考えるのも楽しいですよねー´▽`
2013.06.29 21:36 | URL | #oUIczFWc [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://azusaxdoll.blog.fc2.com/tb.php/28-ab078889
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。